桐箱とは

「桐箱」とは   収納・保管に最適

「桐」は草の一種のゴマノバサ科属、大きく成長し木と同じように私たちの身近で役立っていることから木と同じと書きます。

他の樹木より成長が早く15年~20年で成木になり、再生可能な資源であり、地球に優しい資源です。

古来は女の子が生まれると桐を植え嫁ぐ時にその桐で桐たんすや長持を作ってもらい嫁いだといわれます。

優れた特徴

【軽い】

桐は国産樹木の中でもっとも軽い木材です。

桐箱は女性や子供、高齢者でも扱いやすくバイアフリーな家具材として近年注目されています。

【柔らかく、暖かく、べとつかない】

桐は他の木材にくらべてやわらかかく、桐そのものは傷つきやすいですが、ぶつかった他のものを損ねません。やわらかな肌触りは暖かくしかもさらっとしているので昔から素足で履く下駄として好まれてきました。床材だと温かく感じます。

【優れた防虫効果】

桐材には(パウロニン・セサミン)が含まれており虫がつきにくいということで、昔より、たんすや米櫃、美術品、宝石などの収納に使われてきました。

【湿気に強い、調湿力が高い】

桐材には多量のタンニン(防腐力が大きい成分)がふくまれているため

細菌の繁殖をおさえ、湿気の多い日本で昔から中身を湿気、カビから守るために、たんすや箱に使われてきました。外気温の変化の影響を受けにくく、湿度を一定に保つため保温性、断熱性に優れ、割れにくい。

【燃えにくい】

桐は国産材の中で最も熱伝導率が低いため、非常に燃えにく木です。そのため、昔より金庫などに使われてきました。

【美しい木目】

色白で美しい木目。装飾品や大切な方への贈り物、古来より縁起物にも取り扱われてきました。

当店の桐材は現在80%が輸入の中、全て国産桐材で製造しております

line友だち追加数
東京都公安委員会 第304361508210
PAGE TOP