基本の縫い方

ぶきっちょさんでも大丈夫!!

少しくらい縫い目が粗くても気にせず縫って下さい

玉結び・玉止め・まつり縫いができれば、簡単にタペストリーが出来上がります

 自分で作ったタペストリーは愛着も倍増♡

準備する物

☆はさみ

☆糸・・・帯の表の色に合わせる

☆針・・・縫う布が厚いと太目の長め、布でが薄いと細めの短めですが、お好みで


基本の縫い方

【玉結び】 縫い始めの糸の結び方

指先に糸を巻いて作る玉結び
tm1

①糸端を人差し指に1回巻きつけます

tm2

②親指で糸を押さえ人差し指を下へずらします

tm3

③よった部分を中指で押さえ、
そのまま糸を引き抜きます

tm4

④玉結びの出来上がり

 針に糸をまきつけて作る玉結び
tmh1

①人差し指の上で糸に対して針を
垂直に置き親指で押さえます

tmh2

②針先に2~3回糸を巻き付けます
巻く回数が多くなると玉が大きくなります

tmh3

③糸を巻いた部分を親指で押さえて針を
針先の方向へ引き抜きます

tm4

④玉結びの出来上がり

【玉止め】 縫い終わりの糸の結び方
dome1

①最後の縫い目に針をあて、糸を1~2回巻きます

dome2

②巻き付けた糸を親指でおさえたまま針を針先へ抜く

dome3

③玉止めの出来上がり 玉ぎりぎりで糸を切る

 
【並み縫い】 手縫いの基本

縫い目の細かいものを(ぐし縫い)とも呼びます
nui

①表から見えない方から針を通します

nami-2

②表も裏も等間隔で真っ直ぐ縫います

nami-3

③糸こきで縫い目と布を平にすることで
綺麗に仕上がります

nami-4

④表から見えないところで玉止めをします

【まつり縫い】 

流しまつり 表にひびきにくくしっかりとめられるので厚手の布に向いています

nagasi-1

①表から見えない方から針を通します
表布の織り糸を1~2本すくいます

nagasi-2

②縫い代の裏から針を出します

nagasi-3

③等間隔で右から左へ縫い進めます

nagasi-4

④表から見たところ

 コの字まつり  表に縫い目を出したくない時に使う縫い方 
nui

①布の内側から表へ針を出します

ko-2

②縫い始めの糸が出たところからもう一方の
布の折り山の真下へ針を差し布の中を
(帯だと厚めなので5mm位)通って針を出します

ko-3

③反対側の折り山に針を刺し布の中を
(5mm位)通って針を出します

ko-4

④等間隔でコの字を描くように縫い進みます

千鳥がけ  布を押さえる縫い方

鳥の足跡のようなので千鳥 がけと呼ぶ

cidori-1

①右ききの方は左から右へ縫い進める

cidori-2

②ななめ右上へ針を進め右から左一目すくいます

cidori-3

③ななめ右下へ進み右から左へ一目すくいます

cidori-4

④等間隔で縫い進めます
大きさは好みとセンスで・・・

関連記事

  1. 毎日新聞「私のまいにち」に「古布と空き箱を利用した和風小箱の作り…
  2. 古布で作るカルトナージュ 簡単マウスパッドの作り方
  3. 日本のお祝い行事
  4. 新築祝いについて
  5. 着物の解き方
  6. 吉祥文様とは
PAGE TOP